さくら薬局 RECRUITING SITE

さくら薬局 RECRUITING SITE
近所の誰かに教えたくなる薬局はありますか。
SAKURA PHILOSOPHY

さくらには、使命がある。

あなたには、近所の誰かに教えたくなる薬局はありますか。
移り変わる時代。生まれ変わる社会。塗り変わる常識。
あなたが思い描く薬局の姿もまた、このさき大きく変わるかもしれません。
さくら薬局は考えています。地域の中に根を下ろした薬局が、
そこで暮らす人々にもたらすべき、これからの恵みについて。
地元の健康を鮮やかに咲かせる薬局の新たなカタチについて。
「いいお医者さん、知ってるよ。」そんな感覚でこう言われる時代が来ます。
「いい薬剤師さん、知ってるよ。」
ようこそ、薬局のあしたへ。薬剤師のこれからへ。

地域に「ライフケア」を
もたらす薬局へ。

質の高いヘルスケアを
人生という「線」で提供し続ける。
薬剤師には、地域の中で
次世代の役割があります。

詳しく

薬局の新たな姿を見据えて、
薬剤師の強く、
多様な成長をめざす。
「さくらPLANET」始動。

詳しく

Sakura Documentary 使命ある薬剤師人生は、
面白い。

さくら薬局で目いっぱい生きる、
4人の薬剤師たちのリアル。生き方はそれぞれ違う。
それぞれが自分の使命を持ち、自分の挑戦を抱えている。
4人に同じく言えるのは、
人生を深く愉しんでいるということだ。

CAREER MAP 薬剤師になったあなたは、そのあと何になりますか。

薬剤師としての専門スキルを磨き上げる人がいます。薬局の運営を志す人がいます。
人事や営業に生きがいを見つける人がいます。十人十色。色とりどり。
いろんな生き方があっていい、さくら薬局はそう思います。
楽しみです。5年後、10年後、あなたはどんなアナタだろう。

詳しく

次の時代が
求めているのは、
「顔の見える薬剤師」
だと思います。

 そう遠くない未来の話をさせてください。薬局が地域に対して提供するサービスは、近いうちに、おそらく調剤の限りではなくなります。調剤を含めて、人々の「健康」そのものと、広く、深く関わることになる。少なくとも私たちさくら薬局は、そうした薬局像をこのさきに思い描いています。

 さくら薬局は全国に店舗を展開する大きな薬局チェーンですが、各地で生活される患者さまには、そばにある「いつものお店」こそがさくら薬局。私たちは日本中にたくさんの愛すべき「地元」を持っている、そう言えるのかもしれません。まるで桜前線がゆっくりとこの国に広がるように。少しずつでいい、ひとつひとつの店舗を中心として、ローカルな医療環境をより親密なものに変えてゆきたい。そしてその総和として、耐用年数の過ぎようとしている日本の地域医療を新たなものに塗り変えられたらと思うのです。

 学生の皆さまには、ぜひ「顔の見える薬剤師」をめざしてほしいと思います。ただ淡々と日々の仕事をさばくのではなく、患者さまの心身の悩みに寄り添う、生身の人間としての自らの心をどうぞ大事にしてください。そうすれば生き方に使命が生まれ、仕事がさらに楽しくなります。と同時にそれは、時代が、社会が、私たち薬剤師に期待する次なる働き方でもあるはずです。
 ふと素朴に自らの胸の内に問うてください。私は人に尽くすのが好きだろうかと。平凡ですが、もしそれを喜びだと感じるならば、きっとさくら薬局はあなたが身を置くにふさわしい職場だと私は思います。一緒に働ける日を楽しみにしています。よき就職活動を。そして、よき薬剤師人生を。

専務取締役大塚 吉史