ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


tit_vis_staff-yajima
ここから本文です

勤続年数と入社理由についてお聞かせください。

入社1年目です。前職は、製薬企業のMR(医薬情報担当者)として3年間働いていました。 主に医師・薬剤師に医薬品の情報を提供する仕事だったので、患者さまとの関わりは間接的でした。
しかし、安全な薬物治療に薬剤師が大きな役割を担っているということを感じ、自分も薬剤師として患者さまと直接関わって、喜びの声を共有して貢献したいという気持ちが強くなり、転職を決意しました。
結婚と転職の時期が重なったのですが、クラフトでは、社員のワークライフバランスに配慮した準社員という働き方があること、調剤未経験の私でも、充実した研修制度で安心なこと、在宅から門前薬局まで様々な薬局の形態があることが決め手で、入社を決めました。

仕事をするうえで心がけていることは何ですか?

患者さまや同僚の先輩方との信頼関係を築くためのコミュニケーションです。 服薬指導のときには、患者さまの話に耳を傾け、一人ひとりの患者さまに、納得してお薬を飲んでいただけるように工夫を心がけています。
また、薬局内の連携が円滑になるよう、先輩とのコミュニケーションを積極的に取るようにしています。

仕事のやりがいはどんなところにあるのでしょうか?

現在、働いている薬局では、治療に積極的な患者さまが多く、それを支援できていることに、とてもやりがいを感じています。薬剤師の私にも、薬のことだけでなく、血圧や検査値について質問をしてくれる患者さまや、不安を率直に相談してくれる患者さまが多くいらっしゃいます。
患者さまにさらに踏み込んで質問をするからこそ、お聞きできる情報もあります。
もっと、患者さんからの質問に応えるためにも、幅広い知識を身につけていきたいです。
今後は、今までのMR経験を活かしながら、患者さまから得られた情報を医師とも共有し、より適切な治療を提供していきたいと思います。

これまでの仕事の中で、一番うれしかったことは何ですか?

服薬指導のとき、小さなお子さんのお母さんから「ありがとう。話を聞いてもらえてよかった。つい、いろいろと相談してしまいました」と言ってもらえたことがありました。
お子さんに処方された軟膏の効果や使い方を、現在の患部の状況を聞きながら説明し、お母さんからの相談にも応えていました。 薬剤師として経験の浅い私でも「お役に立てた」と感じられて、嬉しくなりました。
これからも、患者さまに寄り添って、治療に対する不安をなくし、治療に積極的に取り組んでもらえるように、信頼と安心感を提供できる薬剤師になりたいと考えています。

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

クリックして証明書の内容をご確認ください。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです