ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここから本文です

アンチエイジング・糖化を防ぐレシピ

 毎年3月は女性の健康週間があります。女性なら誰もが気になる美容の話題です。お肌のしわやくすみは、食後高血糖が引き起こす“糖化ストレス”で加速することが知られてきています。

 いま何かと注目されている低糖質のメニューです。糖質はあらゆる食品に含まれており、気がつくと摂り過ぎになりやすい栄養素です。糖質オフを少し意識することはアンチエイジングの観点からもおすすめです。糖質たっぷりなご飯もかさ増しすることで糖質を減らすことが出来ます。

一緒にとりたいメニュー
「切干し大根の炊き込みご飯」

切り干し大根のご飯_WEB用

切干し大根を加えて炊き込んだかさ増しご飯です。食物繊維も豊富です。

福島学院大学食物栄養学科
管理栄養士
田村 佳奈美

 

野菜の牛肉巻き (アンチエイジング・糖化を防ぐ食事)

<材料2人分 (2本分)>

  • 牛肉モモ薄切り(脂身無し)200g(薄切り肉8枚分)
  • いんげん       6本(60g)
  • にんじん(拍子木切り)80g
  • エリンギ(拍子木切り)60g
  • トマト(中・くし型) 1/2個(100g)
  • ベビーリーフ     30g
  • ゆず胡椒       4g
  • 塩            少々
  • オリーブオイル(焼き用) 小さじ1と1/2

 

<作り方>

1. 牛肉の脂身を切り落とします。

2. 野菜をカットし、いんげん、にんじんをさっと茹でます。

3. まな板にラップを敷き、フライパンの大きさに収まる程度に牛肉薄切りを4枚並べて広げ、軽く塩を振り、ゆず胡椒を薄く塗り広げます。

4. その上にいんげん、にんじん、エリンギを載せ、ラップごと牛肉で巻きます。(2本分)

5. フライパンにオリーブオイルを敷き、ラップを外して中火で焼きます。

6. 4つに切り分け、トマト、ベビーリーフをそえて頂きましょう。

 

調理のポイント:
 食後高血糖を防ぐためには、食事で血糖を上げないようにコントロールすることが重要です。このメニューでは糖質量と塩分を控えながら、野菜とタンパク質をしっかり取れるようにしました。野菜は時間をかけてよく噛むように、固めに茹でることをお勧めします。

野菜の牛肉巻き_WEB用 【1人分】
 エネルギー:238kcal  たんぱく質:23.4g
 脂質:12.0g        炭水化物:10.0g
 カリウム:850mg     カルシウム:43mg
 鉄:2.2mg         亜鉛:2.7mg
 マグネシウム:45mg  βカロテン当量3457μg
 ビタミンB1:0.19mg    ビタミンB6:0.60mg
 ビタミンC:15mg     食物繊維:3.6g
 塩分:0.9g 

 

薬剤師  
伊藤 あゆみ

 

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです