ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここから本文です

ネバネバ食材の効果

 毎年7月10日は皆さんご存知『納豆の日』です。納豆をはじめとするネバネバ食材は、消化を良くし、腸内環境を整える働きを持つなど、栄養機能が高めな食材が多いです。今回は夏に嬉しいネバネバ食材を3種使った1品をご紹介します。

 これからの季節にぴったりのメニューです。食欲低下時などにも食べやすく、また、たんぱく質や鉄、亜鉛などの栄養素もしっかり摂れて夏バテ予防や免疫アップにもおすすめです。ビタミンCを補うために果物などを追加してもいいでしょう。

一緒にとりたいメニュー
「ピーマンと油揚げのレンチン煮」
ピーマンはビタミンCが豊富です。

ピーマンと油揚げのレンチン煮

福島学院大学食物栄養学科
管理栄養士
田村 佳奈美

 

冷やしねばとろ蕎麦

<材料1人分>

  • そば(乾麺)            100g
  • 長いも(すりおろし)       60g
  • 納豆(少量のタレで混ぜる)  30g
  • オクラ(小口切り)        2本(20g)
  • 卵黄               1個(20g)
  • 青じそ              1枚(0.5g)
  • 麺つゆ(ストレート)       60mL

 

付け合わせ(お好みで)

  • 長ねぎ(小口切り)        5g
  • ミョウガ(薄切り)         1/2本(10g)
  • 刻み海苔             少々
  • 練りわさび             少々

 

<作り方>

1. たっぷりの熱湯でそばをゆでます。

2. ゆであがったらザルに上げ、すばやく水で洗い、器に盛ります。

3. そばの上に長いもをかけて、青じそ、オクラ、納豆を盛り、納豆の中央を少しへこませて卵黄をのせます。

4. お好みで長ねぎ、ミョウガ、刻み海苔、練りわさびを添え、麺つゆをかけて頂きましょう。

調理のポイント:
 ゆで立てが美味しいので、付け合わせの野菜などの下準備を済ませてからゆで始めると良いでしょう。一部のお薬(ワルファリンなど)では納豆を食べてはいけないものもありますので、気になる方は薬剤師に確認してくださいね。

冷やしねばとろ蕎麦web用 【1人分】
 エネルギー:545kcal    たんぱく質:25.0g
 脂質:12.2g         炭水化物:83.8g
 カリウム:860mg      カルシウム:120mg
 マグネシウム:160mg   リン:450mg
 鉄:5.4mg           亜鉛:3.3mg
 βカロテン当量:230μg  ビタミンB1:0.53mg
 ビタミンB6:0.47mg     ビタミンC:7mg
 食物繊維:7.7g       塩分:3.4g
 (塩分は麵汁が残ると仮定して半分量で計算しています)

 

薬剤師  
伊藤 あゆみ

 

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです