ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここから本文です

骨粗鬆症と低栄養予防

 毎年9月は厚生労働省制定の「食生活改善普及運動月間」です。今年のテーマは、「野菜摂取量の増加」「食塩摂取量の減少」及び「牛乳・乳製品摂取量の増加」の3つです。今回はその中から乳製品を使ってみました。

 鮭とほうれん草を組み合わせたグラタンは高齢者に不足しがちな「たんぱく質」としっかり摂りたい「カルシウム」の摂取に最適なメニューです。料理に乳製品を取り入れることでカルシウムの補給になる他、鮭には良質なたんぱく質、ビタミンDも豊富なため、カルシウムの吸収を助けてくれる作用があります。加齢とともに起こりがちな骨粗鬆症の予防、また高齢者に起こりやすい低栄養予防におすすめの1品です。

 

◆合わせて摂りたいレシピ 「小松菜としめじのナムル」
 小松菜はカルシウムが豊富でビタミンAも摂取できます。またしめじを合わせてビタミンDも摂取。適度な運動と組み合わせることで骨を丈夫に保つことができます。

小松菜としめじのナムルWEB用

 

管理栄養士  
田村 佳奈美                                                

 

鮭とほうれん草の簡単グラタン

<材料(2人分)>

  • 鮭切り身(焼・皮と骨を取る) 2枚分(140グラム)
  • ほうれん草(ゆで) 100g
  • マカロニ(乾) 40g
  • たまねぎ(薄切り) 1/2個(140グラム)
  • 牛乳 300ml
  • 生クリーム 50ml
  • オリーブオイル 大さじ1
  • バター 20g
  • 小麦粉 大さじ1(15グラム)
  • コンソメ顆粒 小さじ1/2(2.5g)
  • ピザ用チーズ 80g

 

<作り方>

1. 鍋にバターとたまねぎ、ほうれん草、コンソメを入れ、中火で炒めます。火が通りましたら小麦粉をいれ、だまにならないように弱火で全体をなじませます。

2.  1.に牛乳とマカロニを入れ、中火にかけます。

3.  マカロニが柔らかくなりましたら、食べやすい大きさに切った鮭を入れ、弱火にしたあと生クリームを入れなじませます。

4.  耐熱皿に3.を入れ、上からピザ用チーズを振ります。

5.  オーブントースターでチーズに焼き色を付けたら完成です。

 

調理のポイント:
 ホワイトソースは小麦粉をバターや他の具材とよくなじませてから作ると、だまにならず上手にできますよ。鮭に塩味がありますので、コンソメは控えめにしています。

 

鮭とほうれん草の簡単グラタンWEB用エネルギー:453kcal   鉄:1.4mg
たんぱく質:35.4g      ビタミンB1:0.27mg
脂質:44.1g                  ビタミンC:17mg
炭水化物:38.2g       食物繊維:3.7mg
カリウム:900mg       塩分:3.1g
カルシウム:252mg        

 

 

 

 

薬剤師  
伊藤 あゆみ

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです