ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


季節の食のススメタイトル画像
ここから本文です

コラーゲン

コラーゲンとは

コラーゲンは真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつです。人体の全タンパク質の30%を占めます。コラーゲンは水分を保持して、体が干からびないようにする役割を担っています。ゼラチンの原料はコラーゲンで、化粧品、医薬品にも活用されています。

コラーゲンの働き

コラーゲンといえば美容にいいイメージがありますが、臓器や細胞を繋ぎとめ、骨をしなやかに保ち、心筋梗塞、脳梗塞の予防などの働きもあります。

コラーゲンとゼラチン

ゼラチンとは脊椎動物の骨や皮などに多く含まれるコラーゲンから精製、抽出した無脂肪の動物性タンパク質のことです。コラーゲンを長時間加熱して水に溶かすとゼラチンになります。そのためゼラチンを摂取すればコラーゲンを摂ることになり、コラーゲン同様美容に効果的です。

コラーゲンを多く含む食材

コラーゲンを多く含む食材は、手羽先、牛すじ、豚足、ふかひれ、うなぎ、スッポン、なまこ、ゼリーなどがよく知られています。

うなぎ

全身で泳ぐうなぎは良質で豊富なコラーゲンが含まれており、皮の周辺に多く集まっています。 うなぎには細胞の老化を防ぎ、抗酸化作用があるビタミンEも含まれているため美容にいい食材です。 ここ最近、うなぎの価格が“うなぎ登り“に高騰し、平成24年3月の価格は2年前の2.7倍になっています。うなぎ養殖に使う稚魚の”シラスウナギ“の不漁が原因です。 少しのうなぎでも楽しめるう巻きやうざくをお店で楽しむのもいいかもしれません。

三重県津市のうなぎ屋さん

関東は背開きにし、一度蒸した後で焼きますが、関西は腹開きにし、蒸さずにそのまま焼きます。同じうなぎでも調理の仕方で全然違います。 知らない方も多いかもしれませんが、三重県津市はうなぎ屋さんが多く、うなぎが有名です。 関西風の蒸さずにそのまま焼いたうなぎを楽しむことができます。パリッとしていて、香ばしく、甘辛のたれとよく合っていてとても美味しいです。 津市のうなぎ屋さんのご主人によると、蒸してしまうとうなぎの旨みが逃げてしまうため、このような調理法なのだそうです。 う巻きは少し甘めのふんわりした玉子焼きに甘辛のうなぎがよく合っていました。鰻丼を食べている途中にいただいたうざくは、さっぱりしていてまた違ったうなぎを味わえることができました。

三重県津市のうなぎ屋さん

三重県津市のうなぎ屋さん

三重県津市のうなぎ屋さん

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです