ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


季節の食のススメタイトル画像
ここから本文です

カルシウム

カルシウムとは

カルシウムはミネラルの中でも最も多く体内に含まれており、骨や歯を作っている栄養素です。 カルシウムは体内で合成できないので、食事から摂取する必要があります。 体内では99%が歯と骨に存在し、人間の骨格を形成しています。残りの1%は血液や細胞内に存在し、心臓の機能調整や筋肉の収縮や弛緩などの、大変重要な働きをしています。 カルシウムは個人差もありますが、食事からの吸収率がよくありません。吸収率は乳製品>魚>野菜の順といわれています。

カルシウムの働きと効果

骨粗鬆症の予防

骨粗鬆症とは、骨の量が減ってスカスカになった結果、骨がもろくなってしまう病気です。

高血圧の予防

高血圧は、塩分の過剰摂取が原因といわれていますが、カルシウムが不足することでも高血圧を招くことがいわれています。 体内から不足すると、血液中のカルシウム濃度をあげようとして、副甲状腺ホルモンなどが働きだし、心臓や血管の収縮を助長することで血圧の上昇に関与します。

イライラ予防

カルシウムは血液中に一定濃度で含まれていて、神経の伝達機能及び興奮の抑制などの役割を担っています。 血液中の濃度が減少すると、感情のコントロールがみだれ、イライラの原因となります。

妊婦のカルシウムの重要性

妊娠中、葉酸を摂取することが推奨されていますが、カルシウムも大事な栄養素です。 妊娠すると、おなかの赤ちゃんは胎盤を通して母体からカルシウムを受け取り、骨や歯を作ります。母体からはカルシウムがおなかの赤ちゃんに移行するので、多めに摂取する必要があります。

カルシウムを多く含む食品

乳製品…牛乳・チーズ・ヨーグルト

野菜…小松菜・モロヘイヤ・大根

小魚…いわし・ししゃも・しらす

サクラメントチャージカルシウム

当社が開発、販売をしているサクラメントチャージカルシウムは、骨に入るカルシウムを調整するマグネシウムを「カルシウム:マグネシウム」=2:1の理想的なバランスで含有しています。 カルシウムの吸収を助けるビタミンDとカゼインも一緒に摂る事ができます。食品からの吸収率が悪いといわれているカルシウムはサプリメントから摂取することもお勧めです。

牛乳ゼリー

<材料(4人分)>

牛乳・・・600cc ゼラチンパウダー・・・15g キウイ・・・2個 オレンジ・・・2個 メロン・・・1/2個

<作り方>

  1. 鍋に水150ccを入れ、沸騰したらゼラチンパウダーをとかす。
  2. 平たい器に牛乳600ccをいれ、1をかき混ぜながら流しいれる。

牛乳ゼリー

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです