ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


季節の食のススメタイトル画像
ここから本文です

 栗の歴史は石器時代にまでさかのぼり、太古から祭事を始め、保存食としても人々の貴重なエネルギー源であった事が知られています。今回は栄養満点の栗についてご紹介致します。

古くから日本の食文化に密着してきた栗は様々な食べ方で親しまれていますが、季節の味覚としても特別な雰囲気を持った食材です。豊富で上質なでんぷん質と食物繊維を主とし、亜鉛、たんぱく質、ビタミンA、B群、C、と共にカリウム等もバランス良く含まれています。

食物繊維はサツマイモよりも多く含まれており、ナッツ系の種子の食材ではありますが、脂質が少ない事も特徴です。また最近では渋皮部分にポリフェノールが多く含まれている事も知られるようになり、活性酸素への働きとしても注目の食材と言えます。

栄養いっぱいの栗を是非、美味しく召し上がってみてはいかがでしょうか?

 

栗ごはん

材料(3-4人分)

  • 米 3合
  • 栗 20~30個(お好みで)
  • 酒 大さじ3
  • 塩 小さじ1.5
  • だし用昆布  15cm程度
  • 木の芽(山椒の葉) 適量

 

<作り方>

1. 栗を熱湯で約20分茹で、お湯に浸したまま冷まします。栗がまだ温かいうちに包丁で皮を剥きます。

2. 研いだ米に酒と塩を加え、水を米3合分まで注いで軽く混ぜます。

3. だし用昆布を入れ、そのまま約30分吸水させた後、栗を入れます。白米と同様に炊飯します。

4. 炊きあがったらよく蒸らし、昆布を取りだし、ごはんと栗を混ぜ合わせます。

5. 器に盛り付け、木の芽は食べる直前に両手でポンとはたいて添えましょう。

 

 s_栗ごはん③

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

クリックして証明書の内容をご確認ください。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです