ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


季節の食のススメタイトル画像
ここから本文です

いちご

いちご

 甘い香りのいちごが沢山並ぶ季節になりました。日本ではスウィーツと併せて大変人気のあるフルーツであり、その消費量は世界でもトップクラスです!

 いちごはフルーツの中で特にビタミンCが豊富です。成人が1日に必要なビタミンCの摂取を5~6粒で美味しく補えます。いちごの赤色はアントシアニンと呼ばれるポリフェノールの一種であり、他にも水溶性の食物繊維であるペクチン、カリウム、虫歯予防でも有名なキシリトール、その他ビタミン、ミネラルをバランス良く含んでいます。

 日本には江戸の末期にオランダから長崎に伝えられ、当時は「オランダイチゴ」と呼ばれていました。その後、明治時代に本格的な栽培が始まり、昭和30年代にはビニールハウスでの栽培が確立、様々な品種改良と共に今日に至ります。ビタミンCたっぷりのいちごを食べて、風邪をひかず、寒さを乗り切りましょう!

 

いちごと豆腐のヘルシームース

材料(6個分)

  • いちご  1パック(約250g)飾り付け分も含む
  • 生クリーム 100ml
  • 絹豆腐 150g
  • 砂糖(グラニュー糖) 大さじ4
  • レモン汁 大さじ1
  • ゼラチン 5g(大さじ4の熱湯で溶かす)
  • スポンジケーキ 厚さ1cm、型の個数分用意
  • ブルーベリー 適量
  • 生クリーム(ホイップ) 適量
  • ミントの葉 適量
  • 容器:市販のムースフィルム (なければコップなどで代用可能)

 

<作り方>

1. ムースフィルムの端をテープでとめて円柱状に作り、でスポンジケーキを型抜きして、底にはめておきます。

2. いちごはへたを取り、砂糖(大さじ3)、レモン汁と一緒にミキサーでペースト状にして、約1/3を小鍋に取り分けます。(A:ソース用)

3. 残り2/3のいちごペーストに、溶かしたゼラチンと豆腐を入れ、均一になるまでミキサーで撹拌します。

4. 生クリームと砂糖(大さじ1)を混ぜ、七分立てに泡立てます。約1/5を飾り付け用に取り分け(B)、残り4/5を3とふっくらとするように混ぜます。

5. 4を1の型に入れ、冷蔵庫で冷やします。

6. Aを弱火で少々煮詰めた後、常温に戻し、固まったムースの上にかけます。

7. Bの生クリームをホイップ用にしっかりと泡立てます。

8. 7のホイップ、いちご、ブルーベリー、ミントの葉で飾りつけましょう。

 生クリームを少なめにし、豆腐を使うことでカロリーを抑えました。砂糖の代わりにノンカロリーシュガーを使っても美味しくできますよ。

 

 いちごムース⑤_6714

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

クリックして証明書の内容をご確認ください。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです