ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


季節の食のススメタイトル画像
ここから本文です

尿酸値対策のレシピ

 陽気が良い季節になりました。これから暑くなるこの時期、野外での花見やバーベキューなど、ビールがおいしい季節が続きますが、同時に尿酸値が上がり痛風発作にも注意が必要な季節です。今回は尿酸値が気になる方へお勧めの1品をご紹介致します。

 これから旬をむかえる「たけのこ」今回は若竹煮で食物繊維がしっかり摂れるメニューです。通風が気になる方ではプリン体の排泄のために水分やカリウム、食物繊維をしっかり摂ることがおすすめです。また低カロリーのたけのこ、わかめは減量中の方にもおすすめです。塩分が気になる方は煮汁を残しましょう。

 

・合わせて摂りたいレシピ 「ほうれん草の磯和え」 

食物繊維やカリウム、ビタミンC が補給できます。

 

ほうれん草の磯和えWEB用

 

福島学院大学食物栄養学科
管理栄養士
田村 佳奈美                                                

 

わかめとたけのこの煮物(若竹煮)

<材料(4人分)>

  • たけのこ 1本(300g)       

  (ゆで・あく抜き)

  • わかめ(塩蔵) 40g
  • 木の芽 1枚

材料A

  • だし汁(かつお) 300mL
  • しょう油 大さじ1
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ(小さじ1/8 程度)

 

<作り方>

1. たけのこを穂先と根元に分け、穂先はくし型、根元は半月型に切ります。

2. わかめは塩をよく洗い流して、食べやすい大きさに切ります。

3. 鍋に1.とAを入れ、10分程度中火にかけます。

4. たけのこに味がしみ込みましたら、水気を切った2.を入れ、3~4分火にかけます。

5. 器に盛り、木の芽を添えて頂きましょう。

 

調理のポイント:
 わかめは乾燥よりも塩蔵のほうが歯ごたえも良くお勧めです。尿酸が体内で結晶化すると痛み(痛風)が出ます。結晶化を防ぐためにアルカリ性食品(野菜・海藻など)を多く摂ると良いでしょう。

たけのことわかめの煮物(若竹煮)WEB用300dpi エネルギー:53kcal   マグネシウム:16mg
 たんぱく質:3.5g     βカロテン当量34μg
 脂質:0.2g          ビタミンB1:0.03mg
 炭水化物:10.9g      ビタミンB6:0.07mg
 カリウム:400mg      ビタミンC:6mg
 カルシウム:20mg    食物繊維:2.8g
 鉄:0.4mg         塩分:1.1g(煮汁含む)
 亜鉛:1.0mg

 

 

薬剤師  
伊藤 あゆみ

 

 

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです