ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここから本文です

美味いもん溢れるだんじりの街 大阪府 岸和田市

岸和田市は大阪の南部に位置する人口20万人の街です。古くから「城とだんじりのまち」として知られる本市ですが、最近では臨海部のコンサートホールやアウトレットモール、山間部の「牛滝温泉・いよやかの郷」が、近隣からの多くの若者やリゾート客の注目の的となっています。関西国際空港から車で15分という好立地も手伝ってか、毎年9月のだんじり祭りには2日間だけで50万人以上の観客が集まります。

かしみん焼き
かしみん焼き②

「お好み焼き」と言えば皆さんどんな具材を思い浮かべますか?定番の豚肉・イカ・海老はもちろん、チーズや餅を入れても美味しいですね。岸和田の地元料理「かしみん焼き」はお好み焼きの一種ではあるのですが、ちょっと変わっているんです。小麦粉を水で溶いただけの生地にキャベツの千切りを乗せ、関西で言うかしわ(鶏肉)と牛脂のミンチをトッピングします。この2つの具材の頭文字をとって「かしみん焼き」普通のお好み焼きよりも濃厚な味わいが楽しめます。

水なす
水ナス②

水分を沢山含んでいて、なすにはめずらしく生食ができます。農作業をしていて喉が渇いた時には、このナスを食べ喉の渇きを癒したという程ジューシーで、果皮が柔らかくほのかな甘みもあります。普通のなすに比べるとちょっとお値段張りますが、大阪の泉州地域におこしの際には是非お土産に!喜ばれる事間違いなしです。

だんじり祭り
だんじり①

岸和田といえばコレ!岸和田城下及びその周辺で、毎年9月に五穀豊穣を祈願して行われるお祭りです。重さ4㌧のだんじりを速度上げて方向転換する「やりまわし」が醍醐味で、曲がり角にはいつも大勢の観客が集まります。時には人様のお宅の屋根を破壊してしまう事もありますが、そこはさすが岸和田市民!笑って許してくれます??(※ちゃんとだんじり保険があります)

岸和田城
岸和田城①

1334年、和田高家が現在地より東に500m程離れた場所に「岸和田古城」として築城した事から始まります。その後現在の場所に移築され、羽柴秀吉の時代には紀州征服の拠点として活用された歴史もあります。岸和田城の別名は「猪伏山(いぶせやま)ちきり城」と言います。これは本丸と二の丸を合わせたものが、機の縦糸を巻く「ちきり」に似ている事に由来しています。近年は観光施設として力を入れているようで、音楽祭が行われていたり、結婚式を挙げる事もできます。春には桜の見所としても有名です。

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

クリックして証明書の内容をご確認ください。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです