ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここから本文です

信濃川と花火の街 新潟県 長岡市

長岡市は新潟県の中越地方に位置する人口28万人の都市です。市の中央には日本一の長さを誇る信濃川が流れ、その河川敷では毎年「長岡祭り・大花火大会」が2日間にわたって華やかに催されます。日本海を望む寺泊町や広大な田園地帯からの大地の恵みは新鮮な海鮮類、またお米や日本酒など、非常に豊かな食文化を育んでいます。

大河~信濃川
信濃川②加工サイズ変更_縮小

信濃川は新潟県と長野県にまたがって流れる日本一長い川であり、その流域の面積も利根川、石狩川に次ぐ雄大さを誇っています。長岡市の中心を流れるランドマークであり、河川敷は様々な公園としても活用され、スポーツやレジャーなど、市民の憩いの場として親しまれています。

長岡の大花火
長岡花火1_縮小サイズ変更

昭和20年8月1日の長岡空襲で旧市街が焼け野原となった翌年に開催された長岡復興祭が前身となり、毎年8月2日、3日に慰霊と平和、そして復興への祈りと感謝を込めたお祭りとして今日に続いています。正三尺玉と共に、中越大震災後に始まった復興祈願花火フェニックスは一年に一度の長岡の大きなシンボルです。

米百俵と長岡の歴史
長岡歴史_サイズ変更

河合継之助率いる長岡藩は新政府軍との戊辰戦争に敗れ、困窮を極めました。その際、支藩から見舞いの米百俵が贈られましたが、時の大参事小林虎三郎は「食えないからこそ教育を」の信念でその米を売り、国漢学校開校の資金に充てました。米百俵の精神は長岡市の街づくりの指針や人材教育の理念となっています。

笹だんご
笹だんご_サイズ変更

米どころである越後に古くから伝わる名産品であり、新潟県のお土産としても有名です。笹だんごの材料は米、小豆、よもぎ、笹、いぐさを使った保存食であり、古くからの知恵が詰まった、越後の生活に密着した大切な郷土料理として親しまれています。

さくらの咲く街

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです