ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


薬食同源タイトル画像岡希太郎先生
ここから本文です

第15話 牡蠣(かき)と亜鉛

牡蠣鍋は冬の食卓の醍醐味です。この時期に牡蠣を食べますと、肉食が苦手な人には格別な恩恵があります。何かと言いますと、ちょっと大きめの牡蠣を5つほど食べれば、1日必要量に近い必須栄養素の亜鉛(ミネラルの一種)を摂れるのです。一体どういうことでしょうか?

この地球で亜鉛が一番豊富な食べものは牡蠣です。二番目は豚レバーですけれど、牡蠣の半分にも足りません。野菜や果物にはほんの少ししか入っていません。現代人が必要としている必須栄養素のなかで、最も不足しやすい栄養素の1つです。

亜鉛は全身に分布して、どんな臓器のどんな細胞にとってもなくてはならない栄養素です。もし不足すれば、怪我が治らない、元気が出ない、顔色が悪い、皮膚に艶がない、夫婦仲が上手く行かない、髪が抜ける、物忘れが激しい、血糖値や諸々の検査値に異常が出る、数え上げれば切りがありません。

どうしてそんなことになるのでしょうか?それは、酵素など身体にとって大切なタンパク質のうち、およそ300種類が、亜鉛なしでは働かないからです。

私が大学に勤めていたころ、学生食堂の冬のメニューに牡蠣フライの日がありました。でも直ぐに売り切れてしまったのです。牡蠣を食べると記憶力が良くなって、期末試験に合格すると信じた学生さんがいたのかも知れません。

何は兎も角、縄文時代の人々にとっても、牡蠣は貴重な栄養源でした。大衆薬の傷ぐすり/皮膚病薬の亜鉛化軟膏は今でも健在です。治りにくい床ずれや打ち身のあざにお悩みの方にも、牡蠣の栄養が思わぬ効き目をもたらします。でも、生牡蠣は避けたほうがいいですよ。

肉食が苦手な方には亜鉛サプリメントが便利です。薬剤師さんの説明をよく効いて飲み過ぎにならないように飲むことです。

役に立つ参考資料:栄養素別の食品一覧表を見よう

提供者:http://www.eiyoukeisan.com/

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです