ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


薬食同源タイトル画像岡希太郎先生
ここから本文です

第19話 コンドロイチン硫酸/グルコサミン/MSM

「老いは足からやってくる」と昔の人が言い残しました。今でも同じように感じますが、実は大違いです。 「昔の膝痛は働き過ぎが原因でしたが、今は運動不足の生活習慣が原因です」。その証拠に、駅でもデパートでも階段を昇り降りする人が減って、逆に行列を作ってでもエスカレーターを使う人が増えています。運動不足に年の差はありません。

そんな世相なのに、五輪メダリストの銀座パレードに50万人もの人が集まったそうです。銀座通りはありんこ1匹通れない大騒ぎでした。「パワーをもらいました」、「感動しました」とか言って、運動不足の人にとって、真っ赤なスーツのメダリストたちはまるで神様のように輝いているのです。

例えメダリストでも年をとれば現役引退になってしまいます。ましてやスポーツ凡人にとっては、少しでも長く自分の足で歩き続けたいと願うなら、関節の軟骨に栄養を送り続けなければなりません。もう1つ大事なことは、膝関節に運動刺激を与えることで、軟骨合成の切っ掛けを作ってあげるということです。

軟骨の栄養とは、コンドロイチン硫酸やグルコサミンのこと。焼き鳥屋でお馴染みのナンコツの成分と同じもので、一番人気のサプリメントになっています。昨年発表された海外臨床試験の結果(参考資料)によれば、変形性関節炎で運動不足の患者さんに、コンドロイチン硫酸/グルコサミン/メチルスルホニルメタン(MSM)を含むサプリメントは確かに効果があるのだそうです。

ただし、毎日続けて関節に刺激を与えていなければ、いくら栄養補給をしてみても、無駄に終わってしまいます。もし関節に痛みが出てきたら、そのときは専門医の診察が必要です。

このサプリメントはさくら薬局に置いてあります。

役に立つ参考資料:コンドロイチン硫酸/グルコサミン/MSMの臨床試験データ(英文)が載っています(提供者:テキサスA&M大学・スポーツ栄養学研究室。)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3141631/pdf/1550-2783-8-8.pdf

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです