ページの先頭です

ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


薬食同源タイトル画像岡希太郎先生
ここから本文です

第21話 ショウガでかぜ予防

冬の寒い日にショウガ湯を飲むと、身体がポカポカ温まるのがわかります。ショウガだけでは効果が薄いというのなら、ネギを加えて試してみれば、効き目がぐっと強まります。風邪をひいたなっと思ったら、「かぜ薬+ショウガとネギ」がよく効きます。

漢方では乾いたショウガのことを生姜(しょうきょう)と呼んで珍重しています。生姜の入っている漢方薬は沢山ありますから、その効き目は保証つきです。同じショウガ科にウコンがあって、薬用として人気があります。

でも台所で馴染み深いのは圧倒的にショウガでしょう。 ショウガは料理の味にもよく合うので、我が家ではなんにでもショウガを入れて食べる癖があるほどです。科が違っても効き目が似ている家庭の味として、ナス科の唐辛子が欠かせません。

唐辛子はネギよりニンニクによく合うのですが、あまり知られていないことには、ネギとニンニクは同じユリ科の植物なのです。 ショウガとネギ、唐辛子とニンニク。ポカポカ効果が似ているそのわけは、含まれている成分が似ているからです。

そして全体として言えるのは、唐辛子とニンニクは食べてすぐ効く組み合わせ、ショウガとネギはじっくりゆっくりと効く組み合わせということです。身体を芯から温めるには、じっくりゆっくりが適しています。

さてショウガには、台所でお馴染みの生のショウガと、漢方で使う乾かした生姜とがあって、更にもう1つ、蒸して乾かした乾姜(かんきょう)もあるのです。どれもそれなりに効くのですが、体を温める効き目の特徴が微妙に違っているのです。

でもそんな難しいことは気にせずに、1日1かけらのショウガを食べる食習慣は、きっと元気を運んでくれます。

乾いたショウガを試したければ、サプリメントについて薬剤師さんに聞いてみよう。

役に立つホームページ:「健康食品」の安全性・有効性情報(提供者:独法/国立健康・栄養研究所)

https://hfnet.nih.go.jp/

クラフト株式会社は「患者様のニーズに応え、質の高い医療サービスを提供し、地域社会から信頼される企業づくりを目指す」ことを基本理念とし、皆様の個人情報を厳正な管理のもと、適切に取り扱います。

ホームページからのお問い合わせでご入力いただくお客様情報は、SSL暗号化通信により保護されております。

ページの先頭へ戻る

クラフト株式会社 Copyright (c) KRAFT Inc. All Rights Reserved.
ページの終わりです